Table of Contents

クライアントのためにアプリを作り、ワイヤーフレームを完成させ、モックアップや実際のデザインを作成し、「もっとポップにできないか」といった曖昧なフィードバックを受けたことはないだろうか。

これは、モバイルアプリ開発会社、特にアプリのデザインに携わる者にとって、しばしばフラストレーションとなることがあります。特に、クライアントが何を伝えようとしているのかを理解していない場合、クリエイティブなプロフェッショナルが良い仕事をするのは難しくなります。

デザインフィードバックのプロセスを合理化し、クライアントとの共同作業を容易にすることができます。指示が明確で、期待に応える(あるいは期待を超える)ことができれば、誰もがハッピーになれます。

But let’s back up a bit – as a mobile app designer or a creative professional in general, you’re probably familiar with the design process. It’s your work day in and day out – you don’t think a whole lot about it, you just function in it automatically! It’s like driving to work. You grab your keys, get into the car, you know exactly where to turn and which exit to take, you have a parking spot near the entrance and you park there by default, and boom, without any effort, you’re at work!

しかし、もしあなたがこのオフィスに来たことがなかったらどうでしょう?どのような場所か全く分からないとしたらどうでしょう?GPSや地図で、何をすればいいか、どこに行けばいいかを逐一教えてもらう必要があるでしょう。これこそ、クライアントがあなたにフィードバックを与えるために必要なものなのです。

So if you’re a frustrated designer at a mobile app development agency, or if you looking to make one of the annoying parts of your job a little more pleasant – this blog will help you get constructive feedback from your clients.

ヒント1:フィードバックのための仕組みづくり

あなたは、クライアントに実用的なフィードバックを提供するためのツールを提供することができますし、そうすべきです。フィードバックのプロセスにオーナーシップを持ち、自分に合ったフレームワークを作れば、クライアントが実際に何を望んでいるかを読み解き、それを提供できる可能性が高くなります。

先ほどのGPSで例えると、クライアントはあなたのデザインのフレームワークやクリエイティブなプロセスを知らない可能性があります。クライアントが知っているのは、目的地だけであり、ルートではありません。クライアントは、そこに到達するためにあなたを雇い、その車の操縦をあなたに任せているのです。

では、クライアントが主導権を握っているにもかかわらず、他の誰かが運転席に座っているという状況を管理するには、どうすればよいのでしょうか。フィードバックの仕組みを構築する。一般論として、クライアントがデザインプロセスに慣れていないほど、より多くの構造を提供する必要があります。

ここでは、建設的な意見を収集するための便利な方法をご紹介します。

  • 全体的なフィードバックと画面固有のフィードバックを提供するシートまたはテンプレートを提供する。
  • どの段階でどのようなフィードバックが必要なのか、ガイドラインを示す - 例:「今週はデザインと色についてのフィードバックをお願いし、来週はユーザーフローをレビューします
  • このコミュニケーションを追跡し、プロセスを簡素化するために、プロジェクト管理ツールを選択することができます。

ヒント2:クライアントとの関係構築

誰もがユニークな存在です。コミュニケーションや情報の捉え方、処理の仕方は、あなたや、あなたがこれまで関わってきたクライアントとは全く異なるかもしれません。時間をかけてクライアントを知り、関係を構築することで、彼らと効果的に仕事をするための貴重な洞察を得ることができます。

特に、デザインやデザインプロセスに関する知識が豊富かどうかに注目してください。彼らが自己主張の強いコミュニケーションを好むのか、それともフィードバックは控えめな傾向があるのかを見極めましょう。彼らの興味や、彼らが「よくデザインされた」アプリやウェブサイトを理解することで、彼らの美的嗜好がわかるかもしれません。

これらの情報はすべて、プロセスを調整し、クライアントをより深く理解するために利用できます。さらに、クライアントとより強い関係を築くことができ、他にも多くの利点があります。

ヒント3:視覚化を助ける絵の構築

自分の頭の中にあることを相手に伝えるのは難しいものです。自分は納得していても、相手にはそれが見えていないだけかもしれません。では、どうすればクライアントに「自分が見ているものを、相手が見ている」ことを確認できるのでしょうか。

クリエイティブな仕事をする人の多くは、イメージで物事を考え、それが自然に身についているものです。デザイナーであれば、すべてを視覚的に処理するでしょう。しかし、より分析的な人は、その代わりに明確な言語による理解を必要とするかもしれません。

そこで、口頭で伝えようとしていることを理解してもらうために、図面やモックアップ、写真などのビジュアル資料を活用してみましょう。ミーティング前にこれらを手元に置いておけば、いざというときに伝えるのに苦労することはないでしょう。このように、ちょっとした工夫をすることで、クライアントが何を作ろうとしているのかをイメージしやすくなります。

たとえ、クライアントが頭の中でコンセプトをイメージする能力に長けていたとしても、視覚的な参照を共有していなければ、ミスコミュニケーションは起こり得ます。写真や画像を使えば、「自分が見ているものを相手も見ている」ことを確認することができます。

ヒント4:「何を意味しているか」を理解する

フィードバックだけではありません。正しいフィードバックを集めることで、すべてが変わってきます。でも、超能力者や読心術師でなくても大丈夫です

クライアントは、自分たちのビジネスニーズについて自分たち以上に知っており、そのフィードバックは、デザインやアプリを画期的なものにするのに役立つという事実は変わりません。しかし、クライアントが知らないのは、その知識をどのようにアプリに反映させるかということです。

ここで守るべき経験則は、「何を」ではなく「なぜ」に注目することです。例えば、次のようなことです。このボタンはポップしない。しかし、「なぜ」はもっと重要です。例えば、ユーザーがこのボタンを見逃すと、フローから完全に離脱してしまうかもしれません。また、「ロゴをもっと大きくできないか」という悪評を耳にしたら、その代わりに、ブランディングやブランド認知に関する懸念があるかどうかを尋ね、それにどう対処するのがベストかを考えることもできます(たとえそれがロゴを大きくすることであっても!)。

ですから、クライアントがフィードバックをするときに何を言いたいのかを理解することに集中しましょう。良いデザインの特徴である、クライアントの問題解決を目指します。

ヒント5:相手の意思を信頼する

これは、クライアントがポジティブな交流を望んでいて、悪意がないことを前提にする、ということです。これは簡単なことのように聞こえるかもしれませんが、フィードバックは微妙な問題であるため、私たちが望むほど簡単ではないことが多いのです。

モバイルアプリ開発会社で働く人は誰でも、クライアントが自分のために生活を苦しくしようとしているように感じることがあります。そのような考えはすぐに捨て去りましょう。クライアントとの信頼関係を築く助けになりませんし、フィードバックを得るために席を立つたびに、あなたを守りに追いやることになります。

あなたが思っている以上によくあるのが、クライアントがアプリの成功を心配して、その心配や不安をあなたに投影している場合があるということです。「このアプリのデザインはうまくいくのだろうか?みんなに気に入ってもらえるだろうか?こんなので大丈夫なのか?これらは、あなたや、あなたのデザイナーとしての能力を反映したものではありません。

クライアントと関係を築き、パートナーとして見ていると、こうした悩みに対して、より思いやりや共感を持って接することができるのではないでしょうか。

これらのヒントは、モバイルアプリ開発会社が効果的に働き、問題を解決し、世界をより良い場所にする製品を作るのに役立つことを願っています。

Adalo App Academyで、成功するノーコードモバイルアプリ開発エージェンシーの構築について詳しく学びましょう。

ハッピーフィードバックギャザリング!