Table of Contents

When you set out to build a mobile app, your first thought may not be about databases. Or data at all. You might be thinking about the concept, the brand, the experience for the user. And while all those things are extremely important, the fact is that a mobile app comes with a large amount of data – and we want it stored efficiently so we can use it to make informed decisions about our app, and improve the overall experience.

実際、データベースのことを考えないのであれば、あなたのプロジェクトはウェブサイトを使うのが最適かもしれません。しかし、各ユーザーが自分専用の情報にアクセスできるようにしたい場合は、データベースが必須となります。

その前に、参考にしていただきたい定義があります。

共通データベース定義

データベース。すべてのデータを、構造化され、組織化された形式で保存し、簡単にアクセスできるようにする場所。行と列をイメージしてください。

データモデル。データベースの論理構造で、情報をどのように整理し、操作するかのルールを決定するもの。

データベーススキーマ。データモデルを特定のデータベースで構成する方法をデータベーススキーマと呼ぶ。特定のデータベースの設計図であり、一定のルールがあるものと考えてください。

テーブル。データベース内の関連データの集合で、表計算ソフトのシートのようなもの。

Field: A set of data within a table that describes a particular value, similar to columns in a spreadsheet where each data item is a row in the spreadsheet. Each tool may represent this word differently, like in Adalo where they are referred to as properties.

レコード。データベースのテーブルに格納され、任意の数のフィールドのエントリで構成される単一のデータ項目。

クエリ。検索またはフィルタリングにより、結果のセットを表示すること。

DBMS:Database Management Systemの略で、データベースを管理し、クエリーを実行するソフトウェア。

SQLのこと。データベースでデータを管理するための一般的なプログラミング言語で、MySQLやMicrosoft SQL Serverなどで使用されている。

データベースとは?

データベースとは、必要なときに簡単にアクセスできるように、データを保存・整理するための場所です。モバイルアプリが円滑に機能するためには、データを特定のロジックで分類・整理する必要があります。データベースにはさまざまな種類があり、通常は基本的なデータモデルによって分類されます。例えば、最も一般的なデータモデルであるリレーショナル・データ・モデルは、情報を関連する2次元のテーブルに整理する。

データベースがどのように構成されていても、何かを検索するためにデータベースと対話する方法が必要です。そこで登場するのが、データベース管理システム(一般にDBMSと略される)です。これは、データベースを修正、管理し、検索、操作、正しい結果へのアクセスを可能にするソフトウェアです。データベース管理システムの一般的な例としては、MySQL、MongoDB、Oracle、FileMaker、Airtableなどがあります。

なぜモバイルアプリにデータベースが必要なのですか?

先ほども述べたように、データベースには最低限、情報を格納するテーブルがあり、例えば服のアイテムのリストがあります。例えば、洋服のリストを保存するテーブルがありますが、それぞれの洋服にサイズや色を対応させるなど、さらに複雑になります。これをeコマースアプリに置き換えて考えてみると、もっとたくさんのテーブルとリレーションシップを持つことができます。前回のブログでは、データベースの基本について説明しましたので、データベースの構造について理解するのに役立つでしょう。

しかし、モバイルアプリにデータベースが必要な理由はここにあります。例えば、オンラインショッピングを支援するeコマースアプリをインストールし、Eメールで登録したとします。いろいろ見て回った後、いくつかの商品をカートに入れ、その中にはビッグセールの最終日の商品もあったとします。数時間後に決済を行うことにして、アプリを閉じます。

一日の終わりに開けてみると、荷物はすべてカートの中で待っています。消えたわけではありません。検索条件も保存されているので、必要なときにすぐに呼び出すことができます。アプリはどのようにして、これらの情報を保持しているのでしょうか。

データベースは、ユーザーが登録したときのデータや情報、アプリとのインタラクション、トランザクションをすべて保存する役割を担っています。では、さっそくデータベースについて説明します。なぜデータベースが必要なのか、データベースの種類、データベースの選び方についてお話しします。

モバイルアプリで使用される一般的なデータベースの種類

ドキュメント指向データベース

運用型データベースは、ユーザーがリアルタイムでデータの編集や削除を行うことができます。 非常に汎用性が高く、スケーラブルで、複数のアプリと連動させることができます。運用型データベースの例としては、MongoDB、Microsoft SQL、AWS Dynamoなどがある。

リレーショナルデータベース

リレーショナルデータベースは、最も一般的に使用されているデータベースです。これは、論理的に整理されたデータの集まりで、情報の編集、追加、削除、検索が簡単にできるようになっています。服装とサイズ、注文と顧客など、データベース内のセクション間の明確な関係を表すことができるため、リレーショナルデータベースと呼ばれています。リレーショナルデータベースの例としては、Airtable、Postgres、MySQL、MariaDBなどがあります。

適切なデータベースを選ぶためのポイントは?

モバイルアプリに適したデータベースを選択することは、少し難しいかもしれません。アプリに適したデータベースを選ぶ前に、要件、予算、スケールアップの計画を理解する必要があります。そうすれば、自分に合ったデータベースを選ぶことができるでしょう。

1.データはどのように構成されていますか?

データ構造は、必要なときにどのように保存し、取り出すことができるかに重要な役割を果たす。構造とは、データをどのように保存し、どのようにアクセスする必要があるかを指します。ほとんどのモバイルアプリケーションは、さまざまな形式のデータを扱います。eコマースアプリのように、オンラインでなければ機能しないアプリは、オンラインアプリと呼ばれます。オンラインアプリは、保存されたデータを取り出すためにサーバーにアクセスする必要があります。オフラインで機能するアプリは、モバイルデバイスにデータを保存します。

2.どれくらいのストレージが必要だと思いますか?

モバイルアプリのデータベースを選択する際に考慮しなければならないもう一つの重要な点は、データサイズです。これは、アプリが正しく機能するために保存および取得する必要があるデータ量のことです。ほとんどのデータベースは、GB単位で保存されたデータ量に基づき月額料金を請求します。

3.セキュリティ要件は何ですか?

安全性とセキュリティは、特に企業が所有するアプリにとって最大の懸念事項の1つです。安全でないサーバーにデータを保存する場合、脆弱性が存在する可能性があります。 認証、暗号化、データアクセス、送信方法、保存方法などを確認することが重要です。

4.どの程度の柔軟性が必要ですか?

モバイルアプリのデータベースには柔軟性が必要です。なぜなら、時間の経過とともに要件が変化しても、データベースを変更できることが大きな利点になるからです。また、アプリのスケーラビリティ(拡張性)にも留意する必要があります。

ノーコードアプリ構築のためのデータベース

If you’re building a no-code mobile app, it helps to understand how databases work. There are plenty of excellent no-code databases available, like Airtable for example. Many no-code app building tools come with their own database set up for you, like Adalo! That way you don’t have to worry about picking the right database for your mobile app, you can simply build your app and store your data in a relational database that’s accessible in the Editor with Adalo.

アプリのアイデアを考えるUXリサーチ市場調査など、アプリを作る過程で役立つ他のブログもぜひご覧ください。