Table of Contents

If you’ve set out to create an app, you’re probably spending all your time thinking about it. How it should look, what you should call it, and of course, what features it should have! That’s what we’re discussing in today’s blog – deciding on a feature set for your mobile app.

ご存知のように、ほとんどの製品は段階を経て作られます。最初は主要な機能だけのスケルトンから始まり、ユーザー調査を重ね、フィードバックを得て、資金を調達しながら、どんどん作り上げていくのです。モバイルアプリの最初のバージョンでは、シンプルで直感的なユーザーエクスペリエンスを構築したいものです。

このため、成功するアプリの最も重要な要素の1つは、機能セットです。これによって、最終的な製品に向けたアイディアが動き出すのです。

フィーチャーセットとは何ですか?

簡単に定義してみましょう。機能セットとは、人々が何をできるようにしたいのか、そして、人々があなたのアプリとどのように関わり、アプリが解決しようとする問題を実際に解決できるようにしたいのかについてのリストまたはハイレベルな説明です。

Adaloで作られたアプリ、Moonifestを例にとって説明しましょう。Moonifestは、同じような興味を持つ人たちのコミュニティを作り、コンテンツやサービス、楽しいディスカッションで彼らを魅了し続けるために作られました。月のエネルギーで意図を定め、マニフェストすることを支援するアプリなのです。

そのためには、コンテンツを見たり聞いたり、情報を入力したりメモを取ったり、カレンダーを持ったり、通知を受けたりするオプションが絶対に必要です。機能は、アプリの有用性や使い勝手に直接影響します。最初にあまりに多くの機能を盛り込みすぎると、アプリの中核となる目的は何か、どのように問題を解決するのかが分からなくなる可能性があります。

機能セットは、単にクールな機能のリストであってはなりません。なぜアプリを作るのかという明確な目的が必要であり、それによって、どの機能が必要なのか、どの機能が便利そうなのかが決まります。

何を作るか、どう絞り込むか?

アプリのアイデアを持つことは良い第一歩ですが、次のステップでは、そのアプリが実際に何をするのか、誰の役に立つのかを考える必要があります。そのためのヒントが必要な場合は、こちらの便利なガイドをご覧ください。ここでは、ステップ1からステップ2へ進む方法を説明します。

解決しようとする問題を考え、そこから逆算していくことが必要です。1つの問題に取り組むことで、アプリはより集中し、その問題をうまく解決できる可能性が高まります。

またムーンフェスティバルを例にして。

現在のシナリオ

人はしばしば、より地に足をつけ、現在に存在し、自分のエネルギーと触れ合っていると感じたいと思うものです。しかし、忙しない現代社会では難しいことです。しかし、忙しい現代社会ではなかなか難しいものです。善意で始めたのに、途中で瞑想や意図の設定のプロセスを放棄してしまう人もいます。では、どうすればもっと簡単にできるようになるのでしょうか?

このアプリは誰のためのものですか?瞑想に興味がある人

彼らは何を望んでいるのか。プロセスを通じて指導を受け、一貫したサポートとモチベーションのためのコミュニティが欲しい。

ムーンフェスティバルを始める

ムニフェスはコンテンツをサービス化したコミュニティ構築アプリ

ムニフェスは何をするのか。瞑想、意図の設定、マニフェストなどを通じてユーザーをガイドし、サポートするコミュニティを提供します。

アプリのアイデアに対して同様の作業を行うことで、アプリの目標、解決する問題、そして最も重要な、その解決に必要な機能について、明確な方向性を導き出すことができます。

では、アプリに最適な機能はどのように選べばいいのでしょうか。

There are many different types of apps that you can build, and they all come with their own baseline feature sets. Here are a few examples of common features:

  • 登録
  • 検索機能
  • プッシュ通知
  • 製品ギャラリー
  • ショッピングカート
  • アプリ内課金
  • ビデオプレーヤー
  • プロフィールページ
  • ソーシャルメディアとの連携
  • メッセージングまたはチャットサービス
  • スケジューリング

モバイルアプリのビジネスアイデアや使用例には事欠きませんし、既存のアプリを改良する機会も無限にあるように思われます。重要なのは、ユーザーにとって最大のインパクトを与えるものを選ぶことです。

アプリ機能の予算と優先順位付け

アプリの機能を決定する際に考慮すべき重要な要素は、その大きな、悪い予算です。構築するためのリソースがない機能を長々とリストアップしても意味がありません。しかし、機能セットを決定する際には、常に自分のリソースがどの程度であるかを念頭に置いておくとよいでしょう。

機能をリストアップし、そのための適切な予算を確保したら、次は優先順位を決める番です。これは、MVPに必要な機能を選択することを意味します。目的を達成するためにどれだけ重要かによって、機能の優先順位を決めましょう(これは、作るものを絞り込むセクションで説明しています!)。

MVPに必要な機能と、もう少し先に取り組める機能の優先順位が決まったら、アプリのアイデアを計画、構築、実行することができるようになります。うぉーーーー

Remember, it takes more than an awesome app idea – a successful app will be equally awesome when it comes to the idea, features, design, and user experience!

You don't have to be a coding genius to create an amazing app that your customers will love. If you're a freelancer, use Adalo to help you build software, connect with clients, and earn recurring revenue. And don't worry if you're new to this - there are plenty of free online courses and resources to guide you along the way. So what are you waiting for? Let's start building!