"自分たちがやっていることが分かっていたら、それは研究とは呼べないのでは?"

- アルバート・アインシュタイン

User research is to mobile apps what asking your dinner guests about food preferences is before inviting them over for a meal. Sometimes, you can plate up the most amazing dishes – only to discover that people have allergies, preferences, and issues you didn’t know about!


While you would think that a well designed, useful, and smooth mobile app would be a success, it turns out that your users may think or feel differently… and you don’t want to find out when it’s too late! User research helps you reduce the risk of your app idea not being worth your time, effort, and money.

ユーザーリサーチが開発プロセスの中でより一般的になる以前は、ソフトウェアは「実用性」という1つのことに焦点を絞って作られていました。機能よりも体験が重要視されなかったのです。そのため、機能的なソフトウェアを作ることはできても、今日のような洗練されたソフトウェア体験には欠けていました。

では、ユーザー調査とは何でしょうか。

人々に愛されるモバイルアプリを作るには、まず、どのような問題を解決しようとしているのかを把握する必要があります。製品よりも問題が先です。それが、人々が欲しがり、必要とするものを作ることができる唯一の方法なのです。(この点については、アプリのアイデアを考える際に役立つブログを書きました。)

ユーザーリサーチは、問題が何であるか、その解決にはどのような要素が必要か、人々はどのように問題を解決するのが好きか、そして人々が体験に何を期待しているかを把握するための質問です。

モバイルアプリのユーザーリサーチは、次のような問いに答えます。

このモバイルアプリは、人々に必要なのでしょうか?

このアプリはどのような問題を解決するのですか?

人々の日常生活をどのように便利にするのか?

この問題に対して、現在どのような解決策があるのでしょうか?

あなたのアプリは、これをどのように効率的に解決するのでしょうか?

投資対効果は絶大

面白いことに、5人の人にテストするだけで、アプリのユーザビリティの問題の約80~85%を発見することができるのです。しかし、ただの5人ではなく、あなたがアプリを作りたいと考えている5人なのです。ユーザーリサーチは、投資対効果が非常に高いのです。

モバイルアプリの急速な進化に伴い、ユーザーリサーチの手法もより良く、より簡単に、より身近になりつつあります。ユーザーリサーチは、モバイルアプリケーションのデザインにおける2つの重要な側面、すなわちユーザーエクスペリエンスとユーザーエンゲージメントを解明し、クリアにするために役立ちます。

正確な科学ではありませんが、ユーザー調査を成功させるために使える便利なツールや方法がいくつかあります。ここでは、モバイルアプリを成功させるために必要な方法をいくつか紹介します。

モバイルアプリのユーザー調査はどのように行うのですか?

ちょっと科学の話をしましょう。すべての研究には3つの重要な段階があります。

1.データを収集する

2.データを分析し、結論を出したり、意見を述べたりする

3.3. これらの結論/アイデアを製品に適用してテストする。

このサイクルを延々と繰り返し、一貫してユーザーに合わせて製品を最適化していくことができるのです。そこで、プロ並みのリサーチを行うための方法をいくつかご紹介します。

フォーカスグループ

フォーカスグループは、食品からラップトップ、そして今やあなたのモバイルアプリまで、あらゆる製品のユーザーリサーチを行う最も一般的な方法の1つです。フォーカスグループは、複雑な設定をする必要はありません。友人や30分ほど時間がある人を何人か部屋に集め(バーチャルでも大丈夫です!)、アプリについて感じたこと、経験したこと、何か変えたいことを話してもらうだけでいいのです。

異なる視点を得るために、フォーカスグループを多様に保つようにしてください。理想的なユーザーペルソナの人々がグループに参加していることを確認します(ユーザーペルソナについては後述します!)。

ユーザーペルソナの作成

ユーザーペルソナは、基本的にあなたの理想的なユーザーのInstagramやTwitterのバイオのための空想の言葉です。彼らは誰なのか?彼らの興味は何ですか?

それぞれが重宝されるデータです。見知らぬ人のために解決策を設計することはできません。ユーザーペルソナは、ユーザーに名前、顔、性格を付けるのに役立ち、ユーザーを曖昧な「データポイント」から「実際の人間」に変えてくれます。

あなたのアプリを使うのに理想的な人を4、5人思い浮かべ、以下の質問に答えてください。

1.何歳ですか?

2.どこに住んでいるのか?

3.彼らは何語を話すのですか?

4.どこで働いているのか

5.学歴はどんな感じですか?

6.どのようなモバイルアプリを使っているのか?

7.iPhoneとAndroidのどちらを使っているのか?

8.彼らの目標は何ですか?

9.彼らは新しいことを学ぶことに興味がありますか?

10.彼らは、あなたが提供するものに費やす余分なお金を持っていますか?彼らはいくら持っているのでしょうか?

11.趣味は?

さらに質問を思いついたら、リストに追加してください。これは単なる楽しい練習ではありません(余談ですが、私たちはユーザーペルソナを作成するのが大好きです!)ペルソナを作成し、各段階の設計プロセスに含めることが重要です。そうすれば、エンゲージメントやバグ、あるいは分かりにくいログインプロセスなど、ほとんどのモバイルアプリが直面する一般的な問題が発生する可能性を低くすることができます。

例えば、大学生がキャンパス近くの宿泊施設を探すためのアプリの場合、ユーザーペルソナは、大都市から小さな町まで、郊外に住む人たちかもしれません。その場合、Instagramなどのソーシャルメディアと連携し、ルームメイトとつながる機能を追加することが有効です。ユーザーペルソナは、ターゲットとするユーザーに適した機能や設計を特定するのに役立ちます。

アンケートの実施

アンケートを作成するのは大変だし、アンケートを作成するよりも面倒なのは、実際にアンケートに答えなければならないことだ...と敬遠する人がいることは承知しています。このリンクから、適切な質問を見つけることができます。

アンケートは簡単に設定でき、Typeformのような美しいツールを使えば、楽しく簡単に回答することも可能です。アンケートの利点の1つは、発売前、バージョン1、発売後など、さまざまな開発段階でのアンケートを設計できることでしょう。これによって、アンケートを迅速かつ簡単に行うことができます。

競合他社調査

競合他社調査は、ゲームにおいて先行している他社から学ぶ優れた方法です。現在使っているアプリの代わりに、あなたのアプリを使うように人々を誘導しようとしている場合、現在使っているアプリのどこが好きなのかを把握し、それを少し改良するのです。

たとえ答えが「これしかない」であっても、学ぶべきことはあるはずです。そのアプリのペインポイントを把握しましょう。バグはないか、人々が望んでいるのにない機能はないか、人々が望んでいないのに邪魔をしている機能はないか。まだどの機能が必要かを考えている段階であれば、こちらのブログをご覧ください。

競合他社調査の主な目的は、同じ過ちを犯さない方法を考え、彼らが行ったことを改善することです(可能な限り!)。

A/Bテスト

ユーザー調査の方法として、非常に人気があり、有用で、よく話題になるのが、A/Bテストです。A/Bテストは、「イエスかノーか」「これかあれか」の判断を容易にする定量的なデータを収集するのに役立ちます。

アプリを稼働させずにA/Bテストを行う方法がわからない場合は、プロトタイプをすばやく構築し、それを使って機能をテストすることができます。実際、Appleには独自のテストスイート「Testflight」があり、この目的に使用することができる。音楽ストリーミングアプリのSpotifyは、「バーガーメニュー」と「タブバー」のどちらのレイアウトが好まれるかを調べるA/Bテストを実施し、話題を呼んだ。

3行のハンバーガーメニューが標準的なデザインであったのに対し、ユーザーはタブバーを好んだのです!(これは非常に人気のあるデザインであるため、正当な理由があります。どんな種類のユーザー調査でも、常に驚きをもって臨みましょう。

まとめ

モバイルアプリのユーザー調査を最初に行うことを決定された方、おめでとうございます。このことは、あなたが正しい道を歩んでいることを意味し、このステップをスキップすることを選択した場合よりも、成功の可能性ははるかに高くなります。

最後に、このプロセスで便利なチェックリストを紹介します。

  • あなたのアプリが解決できる問題点を書き出す
  • ユーザー調査の方法はいくつあるのですか?
  • ユーザーペルソナを作成している場合、何人くらいいますか?
  • アンケートを実施する場合、何人くらいの回答者を目指しているのでしょうか?
  • フォーカス・グループ・ディスカッションを行う場合、どのような質問に答えてもらいたいですか?
  • A/Bテストを行うことを検討していますか?どの機能をA/Bテストしたいですか?
  • 競合となるアプリはどれですか?また、どのような点が優れていて、どのような点を改善できると思いますか?

We hope this exercise helps you create your mobile app, find the right users, and make their lives better with your creative ideas!

Want to take your app to new heights but don't know where to start? Get help from a world-class team of Adalo experts who can help you build, debug, and spruce up your app. You can even get 1:1 coaching from an expert to help you solve your problems – learn more.

Feeling Inspired?

Get started with our External Collections

LEARN MORE

Create Your App Today

Start building in a matter of minutes

はじめに