自分用であれ、モバイルアプリ開発会社のクライアント用であれ、アプリを公開する方法を見つけようと努力したのですが、安堵と祝福に包まれるどころか、却下されたことがわかりました

アプリストアのポリシーは不透明な印象を与えますが、そのようなことはありません。

アプリ公開を把握する方法

Appleは、App Store審査ガイドラインの中で、アプリを確実に公開するための28の検討事項のリストを明確に示しています。Apple App Storeと Google Playのアプリ公開ポリシーは異なるため、両方でアプリを公開し実行するには、それぞれの固有のガイドラインと提出要件を明確に理解する必要があります。

アプリを公開する方法について、非常に役立つリソースを集めました。リジェクトされる一般的な理由や、アプリが公開されることを保証する方法を紹介します。

その理由の上位は

  1. ユーザーインターフェース(UI)
  2. ユーザーエクスペリエンス(UX)
  3. アプリケーションの特徴
  4. アプリの機能

アプリを公開するために必要なものを最初から熟知していれば、その作業はずっと楽になります。

モバイルアプリのリジェクトを回避する方法

  1. アプリを正しく説明する

アプリを提出する際には、そのアプリが何のためのものかを説明するアプリ説明文を提出する必要があります。この情報は、正確で、いかなる点でも誤解を招くものであってはなりません。説明文は、ユニークで信頼性が高く、過度な期待を抱かせないように留意してください。説明があいまいで不正確であればあるほど、アプリが拒否される可能性が低くなります。

  1. 性能を維持する💯。

優れたアプリのアイデア、洗練されたデザイン、一流のイラストレーションだけでは十分ではありません。実際、優れた機能を備えていても、審査に通ることはありません。アプリストアは、あなたのアプリがシームレスに動作することを期待しています。パフォーマンスの問題はユーザーの不満につながるので、モバイルアプリのQAテストがうまくいっていることを確認してください。オンボーディング、ログイン、ナビゲーション、ページロード、リンク切れなどに混乱がないかを確認しましょう。

  1. バイバイ、バグ

アプリは、アプリを破壊するために設計された一連のストレスおよびパフォーマンス テストを受けることを忘れないでください。アプリストアは、ユーザーの携帯電話にシステム障害やクラッシュを引き起こす可能性のあるアプリを拒否するという意味で、提出されたアプリを非常に真剣に受け止めています。QAテストの際に、アプリのクラッシュやパフォーマンスの問題が忍び寄っているのを発見したら、危険を冒さないでください。まず、それらの問題を解決してから、公開を検討してください。

限られたユーザーが使用するベータ版をリリースすることで、より簡単にこれを行うことができ、異なるデバイスでの問題を特定するのに役立ちます。すべての機能、画面をテストし、ロード時間に注意を払う。長いロード時間やクラッシュに関する問題があれば、却下の理由となります。ベータテスターを集めるには、AppleのTestFlightやその他のサードパーティーのサービスを利用するとよいでしょう。

  1. 優れたUI

しかし、モバイルアプリのデザインは、あなたが想像しているよりも主観的ではありません。多くのガイドラインと必須要件があり、クリエイティブな自由を得るための余地はあまりありません。アプリストアの目標は、実際に予測可能なものを維持することなのです

成功するモバイルアプリは、優れたユーザー中心設計とユーザー干渉の原則に基づいて構築されます。AppleのApp Store審査ガイドラインには、「ユーザーインターフェイスが複雑であったり、非常に優れているとは言えない場合は、却下される可能性がある」と明記されています。

モバイルアプリケーションの優れたUIとはどのようなものかを知るために、これらのリソースをご活用ください。

  1. 強固な個人情報保護方針

プライバシーポリシーは、アプリが個人データをどのように収集、使用、処理、および保存するかをユーザーに明確に示す法的拘束力のある契約書です。収集した特定のデータをどのように使用するか、また、そのデータを他の第三者と共有するかどうかを正確に説明する必要があります。

アプリが個人情報を収集しない場合でも、プライバシーポリシーを設定する必要があることを覚えておいてください。プライバシーポリシーには、アプリがいかなる方法でもユーザーから個人情報を取得しないことを明記すればよいのです。アプリが拒否されないように、プライバシーポリシーに簡単にアクセスでき、不測の事態に対応できるようにしてください。

  1. すべての情報を提供する

リジェクトの一般的な理由は「もっと情報が必要」ですが、これはパブリッシャーであるあなたにとってまったくもって困惑するものですこれは、アプリがレビューのためにアプリストアに提出され、レビューチームがアプリをテストするための十分な情報と材料を持っていないときに起こります。アプリを審査に出し、公開する際には、特別な配慮がなされていることを確認し、より多くの情報を提供することが重要です。

キーテイクアウツ

自分で全部把握する必要はありません!初めてでも、Appleと Googleは、アプリを申請するためのステップバイステップのガイドを提供しています。これを上手に利用して、初回を成功させるために必要なものをすべて手に入れましょう。

まとめとして、アプリストアのリジェクトを回避するために、以下のコツをお勧めします。

  • 最初から投稿ガイドラインに従う
  • 拒絶される理由の上位に注目する
  • アプリ開発は旅のようなもの、あきらめずに頑張ろう

Feeling Inspired?

Get started with our Publishing

LEARN MORE

Create Your App Today

Start building in a matter of minutes

はじめに