Mobile app development agencies are growing in popularity, since apps continue to be a priority for businesses to attract and engage a wide audience of potential users. Users spend over three hours on average using their mobile phones everyday, with the top 20 percent on their phones for over 4 hours.

このようなトレンドは、特にパンデミック後の世界では、衰える気配がありません。多くのアプリビジネスにとって、新たな成長機会を得るためには、モバイルアプリは有効な手段なのです。

鉄のトライアングル」の紹介

プロジェクト管理はアプリ開発プロジェクトを計画・実行する上で不可欠な要素です。代理店は、費用対効果が高く、革新的で、顧客のために迅速に提供できるモバイルアプリの構築を目指しているかもしれませんが、これは特に仕事の規模が大きくなるにつれて難しくなります。

コスト、スピード、アプリの範囲や複雑さについて計画を立てるとき、開発者は他の2つを最適化するために1つを犠牲にする必要があると思われがちです。この難問は、多くの名前で呼ばれています。プロジェクト管理の三角形、3つの制約、鉄の三角形、運命の三角形(最後の1つは私たちが作ったものかもしれません!)しかし、これは本当なのでしょうか?あなたのエージェンシー、そしてクライアントにとって、それは正しいことなのでしょうか?真っ向勝負のトレードオフが唯一の解決策であるはずがありません。

この記事では、3つの側面をすべて見て、それらが互いにどのように影響し合っているかを検証し、代理店が3つすべてを最適化できるよう支援します。

モバイルアプリ開発会社のためのプロジェクトマネジメント

アプリ開発において、プロジェクト管理は、構築するアプリのアイデアの単純さや複雑さに関係なく、重要な役割を担っています。プロジェクト管理は、アプリをリリースし、スケジュールを守り、クライアントを満足させるために、代理店にとって物事を円滑に進めるためのものです。

先ほどの宿敵、鉄の三角形の話に戻りますが、コスト、品質、スコープを抑えるためには、全体をプロジェクト管理し、これらすべての要素に対応できるようにする必要があります。

スコープが広がると、アプリの構築コストが予算を超えないようにし、アプリがスケジュール内に適切な機能で提供されるようにすることが、プロジェクトマネージャーの役割になります。3つの制約の相互依存性を理解することが不可欠です。

  1. スコープの定義

スコープとは、アプリ開発プロジェクトの機能やデザインなどの「大きさ」のことです。クライアントのために達成する必要のある開発・設計作業の範囲、次元、スペクトルを指します。

プロジェクトの範囲が広がれば、時間とコストに影響を及ぼします。アプリの機能を追加したり、既存の機能を拡張したりすることで、予算を決定する際に考慮されていなかったリソースが必要になります。

特に、アプリを作るのにどれくらいの費用がかかるのかを把握するために、クライアントがプロジェクトのスコープを描く手助けをすることがよくあります。

プロジェクトの範囲には、以下のようなものが含まれます。

  • ワイヤーフレーム
  • 主な機能
  • 機能の複雑さ
  • デザイン面
  • QAテスト
  • 出版
  • アプリの継続的なメンテナンスとバグフィックス
  1. コストの決定

プロジェクトマネジメントの三角形でいうところの「コスト」は、単に金額だけではありません。

費用は含まれるかもしれません。

  • 財務予算
  • チームメンバーへの支払い
  • その他のSaaSサービス
  1. 計画タイムライン

クライアントのためにアプリケーションを構築する場合、タイムラインは非常に重要です。スコープを変更する場合は、タイムライン、納期、プロジェクト管理サイクルを調整する必要があります。

タイムラインが含まれる場合があります。

  • プロジェクト全体のスケジュール
  • アプリ構築のための作業時間
  • 目標・マイルストーン
  • プロジェクトフェーズ

トリプル制約を管理するためのヒント

  1. ワンポイントの柔軟性を持たせよう

プロジェクト・マネジメント・トライアングルの基本コンセプトは、「3つのポイントが硬直的、固定的ではプロジェクトは成功しない。少なくとも1つは、調整する余地があるように柔軟である必要がある。

クライアントから、それがどのポイントなのかを感じ取って、回避する。例えば、予算内に収めることを優先するクライアントであれば、時間がないからといってリソースを増やしたり、他のプロジェクトを断ったりするのではなく、突然の障害に対処するために期限を延長することができます。クライアントのスケジュールがタイトな場合は、事前に追加予算を承認してもらい、開発を遅らせることなく潜在的な課題に対処できるリソースを確保したほうがよいでしょう。

以下のルールに従って、プロジェクトを柔軟に進めてください。

  • コストが最大の優先事項である場合納期を調整し、範囲を縮小し、MVP(予算を抑えるための最小限の機能セット)に合意する。
  • 時間が最も優先される場合 予算を増やしてリソースを増やすか、範囲を一部縮小して期限に間に合わせる柔軟性を確保することを検討します。
  • スコープが最大の優先事項である場合。文書化を確実に行い、柔軟なスケジュールを設定し、延長の可能性を明確に伝える。
  1. 期待値を設定する

アプリ開発プロジェクトの制約と優先順位がわかったら、その影響をクライアントに明確に伝え、期待外れやクライアントの不満を最小限にとどめましょう。

急にリソースが足りなくなった場合は、クライアントにタイムライン延長の可能性があることを伝えてください。クライアントは常に、明確で透明性のあるコミュニケーションを評価します。クライアントの期待を管理することは、モバイルアプリ開発プロジェクトを成功させるための最も重要な要素のひとつです。

  1. 未知を受け入れよう

プロジェクトマネジメントの三重の制約を適切にバランスさせるためには、多少の不確実性は受け入れなければならない。予想以上に妥協しなければならないこともあるでしょうし、スコープ内に収まるように、できるだけタイトに物事を進めなければならないこともあるかもしれません。柔軟性がないと、プロジェクトの品質や安心感を犠牲にすることになりますよ。

Feeling Inspired?

Get started with our External Collections

LEARN MORE

Create Your App Today

Start building in a matter of minutes

はじめに