ノーコードエキスパートとは、ノーコードツールを使ってウェブサイト、モバイルアプリ、ウェブアプリなどの製品を構築した経験を持つコンサルタントのことです。Adaloは、「Adalo Experts」と呼ばれるノーコード・エキスパート・プログラムを持っており、専門家のように、素早く、効率的に、優れたモバイルアプリやウェブアプリを構築することができる、質の高いノーコード・エキスパートを雇うことができます。

しかし、ノーコードの専門家と仕事をする前に、おそらく多くのことを把握しなければならないでしょう... 何を期待すればいいのか、予算はどうするのか、彼らはどんな仕事をしているのか、彼らは私を助けてくれるのか!

そんなあなたのために、アダロメーカーへのインタビューをお届けします。アダロエキスパートと一緒に仕事をした経験、コツ、やりとりを改善する方法、期待することなどをシンシアが語っていますよ。

こんにちは!私の名前はCynthia Agesです。私はAdaloのプラットフォームでいくつかのアプリを作りました。私の主要なアプリの1つは、病院の外科的減量病棟のための減量アプリです。

また、パンデミック時のバーチャル学習を可能にするために、大学生向けの教育アプリを作ったり、法執行機関向けのアプリを作ったりしました。

アダロでノーコードの専門家を探す

アプリを作るために Adalo に乗り換えたとき、プロジェクトに必要なツールやリソースがあるかどうかを確認するために、コンポーネント マーケットプレースを見始めました。そして、他のプラットフォームを使用する場合でも、これらのプロジェクトがより高いレベルで機能するように、APIを簡単に組み込むことができることを確認する必要がありました。

そして、その次のステップとして、Adaloの優れたエキスパートを得て、すべての作業を橋渡しすることで、クライアントを満足させ、開発者としての私も満足させることができるようにしました。

すべてのエキスパートがウェブサイトに掲載されており、それに伴い、他のリソースやツールも多数用意されています。私が一緒に仕事をしたエキスパートたちは、いつもとても親切で、コミュニケーションもとりやすかったです。スケジュールは、たとえ時間帯が違っても問題ありません。

私がこれまで一緒に仕事をしてきたエキスパートたちについて気に入っていることのひとつは、彼らがあなたを一人の人間として知り、あなたのビジョンを見てくれることです。ですから、多くの場合、自分がやろうとしていることを理解してもらえるかどうか不安に思うかもしれませんが、彼らは時間をかけてあなたを知り、あなたが何を成し遂げようとしているのかを理解してくれるのです。

初めてノーコードの専門家に依頼する?リラックスしてください

専門家に依頼する場合、まず最初にアドバイスしたいのは、リラックスすることです。私は最初、自分が取り組んでいることを専門家に見せるのが怖かったです。でも、専門家の目的はAdaloの機能を向上させることだと理解してからは、とても安心できました。

それ以外の目的はないのです。ただ、あなたのプロジェクトを成功に導くことだけを考えているのです。そして、それだけが彼らの関心事なのです。それは、あなたの時間を節約するのに役立ちます。そして私の場合、クライアントを救う手助けをしてくれました

だから、強くお勧めしたのです。

多くのコミュニケーションはEメールで行われ、アポイントメントもそのように設定されました。アポイントメントに関係ないことでも、常に迅速に対応してくれました。

アダロ・エキスパートとのコミュニケーションで気に入っているのは、アプリで困っていることを解決してくれるだけでなく、今後どうすればより良くなるのか、常にプラスアルファの知識を教えてくれることです。

一般的な質問があれば、それにも対応してくれました。

アダロエキスパートと組むときは、自分が出せる範囲で予算を決めました。そして、その多くはとてもリーズナブルなものです。概して、彼らは非常に柔軟で、私の予算が彼らの基準に合うようにすることができました。

アダロのエキスパートに伝えたいこと

アダロ・エキスパートがクライアントとよりよく仕事をするためのヒントをあげるとすれば、まずたくさん質問することをお勧めします。私のように、クライアントと一緒に仕事をする場合、自分たちが何をしているのか、あなたが考えてくれるまでわからないことがよくあります。

ですから、私たちのプロセスを考えさせるような、示唆に富んだ質問をし続けることです。多くの場合、私たちは何をすべきかを伝えていますが、あなたは私たちが持っていない洞察力を持っています。さらに質問することで、私たちがより効率的な新しい方法でそれを考えることができるようになります。

アダロ・エキスパートについて詳しくはこちらをご覧ください。